TOPイメージ画像

ボールペンで美文字を書くコツ、筆記具選びも重要です

予約リストに名前を書き入れるとき、仕事や子供関連の行事など、人前で字を書く機会は結構あるものです。そんなとき、美しい文字を披露出来ると気持ちがよいものです。どうしたら、きれいな文字が書けるようになるのでしょうか?

練習するには、まず筆記用具選びから始めましょう。普段一番使う機会が多い筆記用具はボールペンです。手に馴染み、動かしやすいものを選んでみましょう。長さは基本の形はどれもほとんど変わりませんので、ポイントは太さや形状です。

次は、芯の太さです。文具店に行ってみると、実に様々な太さの芯がそろっていることに驚くことでしょう。極細いものから、極太いものまであります。書き心地が変わってきますので、これも感覚的にしっくり来るものを選ぶようにしましょう。細い字が好きな人、太くしっかりした字が好きな人など、自分が書いた文字の見た目的な好みもあります。感覚に馴染むボールペンが見つかったら、いよいよ文字書きの実践練習を始めましょう。

スムーズに書ける紙やノートに文字を一つずつ書いていきます。自信がなければ幅広の罫線があるノートがよいでしょう。さらにじっくり練習をしたいなら、ます目になっている漢字練習ノートだと文字の形を取りやすくなります。同じノートを使っていけば、ページを重ねていくうちに上達具合も比較確認することも出来るメリットもあります。美しい文字のポイントを一言でいうと、「バランス」に尽きるといってよいでしょう。上下左右のバランスを意識して書いて行くようにしてください。

ボールペンでも右上がり、バランス、トメハライの美文字トレーニング

特に書道を習っていたというわけではありませんが、私は子供のころから達筆だと言われています。自分で言うのもなんですが、本気を出せば綺麗な字は書ける方だと思っています。そんな私ですが、ボールペンで美文字を書くトレーニング法を伝えたいと思います。とはいっても、太い筆で書くような習字は苦手です。普通に生きていれば、筆で本格的な筆字などは滅多に書くことはなく、ほとんどボールペンや鉛筆ですよね。なので、ボールペン字さえちょっとコツを掴めば十分です。私が字を書くときにポイントにしてることは大きく三つです。

ひとつめ、右上がりの字を意識すること

一般的には約6度くらいの上がりが良いとされていますが、字かキレイな人に見える書き方です。 毎回分度器で測れるわけではないので、意識して少しずつ感覚を掴んでいってください。 字の印象もすごく変わると思います。

そして二つ目、字のバランスを綺麗に見せること

字が綺麗なひとでも、枠からはみ出した字だったり、一字一字の字の大きさが違ったりするとチャラ字に見えますし「丁寧」ではなくなると思うのです。 字と字の文字間隔均等に、枠からはみ出さないように意識するとどんどん字が美しく見えてくるのです。

そして最後に、はらいや止めに注意して書くこと

字が汚いと思う人の共通点は、書く時間が短いということです。時間に追われているときのメモなど以外は、少しそのあたりを意識してはらいうところははらう、止めもしっかりと書いてみましょう。

このページの先頭へ