TOPイメージ画像

バランスとメリハリで美文字に見える、左右対称も難しい

漢字を上手に書くコツは、まず一番大事なのはバランスです。どんなに一つ一つ言われた通り丁寧に書いても字が上手に見えない人っていると思います。それは、バランスの問題だと思います。

その前に基本的なこととして、はねるところはちゃんとはねて、とめる所はしっかり止めてください。基本的なことをしなければ、どんなにバランス良く書いていてもきれいには見えません。

そして今書いてる所だけ見ながら書くのではなく、少し姿勢をよくして全体的に見ながら書くということに意識して書くと、バランスが見れるのでそれだけで字は随分美文字に書けるようになります。

バランス良く書かれていても、左右対称の漢字は難しい中の一つです。例えば中や田、東などの字です。これらの漢字に関してだけ言えば、バランス良く書くというよりは、メリハリをつけるという事に重点をおいて下さい。例えば伸ばす所を少し長めにしてみたり、少しかっこつけて角をとんがらせるのも書き方によってはきれいに書けるのです。

漢字によって書き方を変えるのは難しいかもしれませんが、ほとんどはバランスとメリハリで美しい字が書けるようになります。字が下手に見える人の特徴と言えば、大体くせが強いか、基本的なことが出来ていないかです。くせが強い人、例えば右肩上がり過ぎる人、異様にはねる部分をはねている人などです。バランスが良く見えていないため、くせが強く見えてしまうのです。小学校で習った時の書き方を思い出しながらバランスを見ながら書いていくと案外上手に書けますよ。

中心を意識し、等間隔、右上がりで書くと美文字に

漢字、とくに習字で書く場合についてきれいに書くポイントをご紹介したいと思います。習字は半紙をつかいますが練習の場合は折り目をつけるとよいでしょう。十字の折り目をつけて中心線、左右のバランスを意識します。書く姿勢も重要で、身体が曲がっていたり筆をもつ手が揺れてしまうと上手に線が書けません。真っ直ぐ紙を置き、紙に向かって姿勢をただし、筆もしっかり固定しつつ筆先をやわらかく書く練習が必要です。

中心線がわかりやすい「田」「木」など一見簡単そうな字ですが、中心が曲がっていると目立ってしまう文字でもあります。練習では折り目をつけた縦の線にきちんと漢字の中心線がくることを意識することが大切です。

次に、漢字の線を等間隔にするように意識します。田であればすべての四角が同じ間隔であること、「目」「青」など横の線が多い漢字も等間隔で揃えます。中心をあわせつつ等間隔に書くことは難しいですが、漢字は縦、横の線で構成されている漢字が多いので、最初は縦、横の一直線だけをひたすら書く練習をすると次第に安定していきます。

きっちり中心をあわせて書けるように練習ができたら、次は見た目におさまるように右上がりを意識します。縦の線はそのままに、横の線を気持ち右上がりに書くとバランスよく見えます。「美」という漢字では、上部の横線は等間隔にしつつ右上がりに、下部の大の字の右払いは全体が右上がりなので逆に右下がりに大きく払うとダイナミックで安定した「美」ができあがります。

このページの先頭へ