TOPイメージ画像

カタカナは漢字の一部として考えると美文字に

平仮名や漢字はいつも書いているのにカタカナになると何か感覚がつかめないという人は多いと思います。平仮名は曲線でできておりカタカナはおおかた直線で成り立っています。カタカナが書けないと漢字を書くのは難しいと言えます。つまりカタカナが書ければ漢字も書けるということなのです。

感覚は直線ですかから続けて書いたり略したりはできません。書体の楷書と同じくきちっと書くのです。大切なのは「押さえ」や「はね」・「払い」を丁寧にすることです。いい加減に行うと何を書いているのかわからなくなってしまうので気を引き締めて書きたいものです。

線の角度も大切です。書道は右上がりを意識して行いますが、カタカナは少しだけというところでしょうか。かと言って気を緩めすぎて右下がりにはなってはいけません。直線が主体なので平仮名や行書のような曲線がありませんからごまかしが利かないのです。

とはいってもノやレのような曲線もあるとお思いの方もあるでしょう。これらの線は曲がるというよりは直線から曲線になるまでの僅かな角度を使って表現したものです。絞り込んだ線には緊張感があり、美しい限りです。

バランスを取るには平行、並列を意識して線と線の間隔を丁寧に取ります。書いていくうちに「カ」が漢字の「力(ちから)」に似ていることがわかります。「イ」はにんべんであったりアレンジすればぎょうにんべんになるのですから。こうして書いているうちにカタカナを書く事に魅力を感じることができるのです。

文字は心を写します、先ずは心を清らかに保ちましょう

文字には、その人の人柄、書かれた時の状態が顕著にあらわれてます。先ずは、書かれる前に、心を落ち着けれられることが大切です。ゆっくりと深呼吸をして、文字を書く前に心が落ち着くようにいたしましょう。美文字トレーニングの前に心を美しく、という事です。

そして、集中力も大切です。雑念が入りますと、文字が乱れたり、間違えてしまったりすることがあるのです。カタカナ文字は、比較的お手本通りに書くことが可能とされています。

ですから、先ずは、心を落ち着けられて、集中されることが大切です。そして、お手本をしっかりと見て記すようにいたしましょう。カタカナのお手本は、比較的大きな印字の方が見やすいものとなっています。

小学生向けのお手本でも構いません。しっかりとお手本を見て、丁寧に記しますと、文字にはその心があらわれますから、美しい文字となるでしょう。美しいカタカナ、という文字列をあまり見かけることはありません。そのような作品は、見た目に斬新であり、良い効果を奏でてくれるでしょう。先ずはお手本通りに書くことから始めましょう。

お手本を超える頃には、著名な書道家のカタカナをお手本にして練習することもおすすめです。崩し文字よりも、基本のスタイルをマスターすることから始める事が最も大切な事です。仮名文字はむずかしい、と考えておられる方には、仮名よりも、カタカナからの練習をスタートされた方が良いでしょう。外国人の方にもカタカナ学習から始められる方がおすすめです。

このページの先頭へ